JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

朝どれ農産物を首都圏消費地へ輸送 実証実験実施 JR東日本×農業総合研究所2021年9月14日

一覧へ

JR東日本は9月14日~11月30日、株式会社農業総合研究所と提携し、「JRE農業ステーション」から首都圏消費地へ運ぶ朝どれ農産物輸送の実証実験を実施する。

JR東日本が考えるローカルDX(デジタルトランスフォーメーション)JR東日本が考えるローカルDX(デジタルトランスフォーメーション)

「ローカルDX」推進の一環として、中央線の列車を活用し「JRE農業ステーション」から首都圏消費地へ朝どれ農産物を輸送する実証実験。中央線辰野駅に整備した「JRE農業ステーション辰野駅」で集荷した朝どれの農産物を、八王子駅構内「やまたまや」で販売する。生産地の近隣でしか手に入らない、鮮度の高い農産物を首都圏の消費者へ提供する。

販売期間は、9月14日~11月30日の火曜日・木曜日。祝日除く。当面は「高原ブロッコリー」(1個250円予定)など朝どれ野菜を集荷したその日に運ぶ。早朝に収穫したものを発泡スチロールに氷を詰めて出荷する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る