Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

最新の鶏卵農場開発でシンガポール食品庁とMOU締結 イセ食品2021年9月14日

一覧へ

シンガポール食品庁(SFA)とイセ・フーズ・ホールディングス(IFH)は9月10日、IFHがシンガポールで採卵農場、孵化場、種鶏成鶏農場、種鶏若雌農場を開発するための了解覚書(MOU)を締結した。これによりシンガポールで4番目の鶏卵農場となり、シンガポールの食糧供給と鶏卵生産能力の回復力を強化する。

シンガポールの鶏卵農場開発に関するMOU調印式。左から山崎駐シンガポール日本国特命全権大使(Zoom)、IFH吉川月乃CEO、グレース・フー大臣、リムSFA最高経営責任者、チャンドラ・ダスIFH取締役、イセ食品の伊勢名誉顧問兼オーナー(Zoom)"シンガポールの鶏卵農場開発に関するMOU調印式。
左から山崎駐シンガポール日本国特命全権大使(Zoom)、IFH吉川月乃CEO、グレース・フー大臣、リムSFA最高経営責任者、チャンドラ・ダスIFH取締役、イセ食品の伊勢名誉顧問兼オーナー(Zoom)

イセ・フーズ・ホールディングスは、イセ食品の名誉顧問兼オーナーの伊勢彦信氏が過半数の株を所有。日本の鶏卵生産トップのイセ食品は、世界の鶏卵生産のトップ6に入る企業で、日本に15農場、アメリカとアジアに6農場を持っている。

イセ・フーズ・ホールディングスは、1億シンガポールドル(約80億円)以上を投資して、鶏の健康状態の遠隔監視、高度な気候制御、臭気や廃棄物の管理などの分野で、最先端の技術と環境に配慮した手法を採用した施設を建設。この施設は、2022年から順次着工し、2024年から2026年にかけて段階的に操業を開始する。完全に稼働すると、これらの施設は年間3億6000万個の卵と500万羽のひよこを生産でき、卵農場の生産能力は、現在の約28%からシンガポールの卵需要の約半分を満たすことができる。

MOUは、SFA最高経営責任者であるリム・コク・タイ氏と伊勢彦信氏がZoomで仮想的に署名し、シンガポールのグレース・フー持続可能性・環境大臣、チャンドラ・ダスIFH取締役が立ち会った。また、山崎純・駐シンガポール日本国特命全権大使もZoomで出席した。MOUは、シンガポール食品庁がイセ・フーズ・ホールディングスに4つの農地(合計約13ha)を市場価格で、30年リースすることを確認するもの。

グレース・フー大臣は、「イセ・フーズ・ホールディングスが計画している最新設備への投資は、シンガポールの鶏卵生産能力の向上に重要な役割を果たす。イセ食品がシンガポールに拠点を置くことで、農業食品や持続可能性の分野でシンガポール人の雇用が創出されるだけでなく、地元の鶏卵産業の能力と回復力が向上し、地元の農業食品産業が活性化され、シンガポールの総合的な食糧安全保障を強化するための後押しとなる」とコメント。

リム氏は、「イセ食品が農業資材、先進的な農業技術、研究開発などの分野に投資することで、将来的なキャリアアップの機会や、ノウハウの波及効果が期待でき、シンガポールの食への耐性を強化することができる」と述べた。また、伊勢氏は「飼料やワクチンなどの農業資材、日齢鶏から鶏卵の生産まで、エコシステム全体を現地で構築するイセ食品初の海外プロジェクトで、シンガポールとの画期的なコラボレーションは重要」と話している。

IFHの未来のエッグレイヤーファームのイメージIFHの未来のエッグレイヤーファームのイメージ

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る