Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

アグリゲノミクスの市場規模 2026年に53億米ドル到達予測2021年9月22日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは9月16日、市場調査レポート「アグリゲノミクスの世界市場 (~2026年):用途 (作物・家畜)・シーケンサータイプ (サンガーシーケンス・イルミナHiSeq・PacBio・SOLiDシーケンサー)・目的・地域別」(MarketsandMarkets)を発売した。

アグリゲノミクスの市場規模 2026年に53億米ドル到達予測

同レポートは、アグリゲノミクスの市場規模について、2021年の33億米ドルから年(CAGR)9.7%で成長し、2026年には53億米ドルに達すると予測。ゲノミクスソリューションを作物に活用することで、さまざまな病気への耐性、乾燥耐性、栄養強化、高品質を示す特定の作物品種の開発につながる。遺伝子編集は、作物の大量生産を妨げる形質を排除することで、目的の作物を持続的に大量生産する方法を提供。家畜生産におけるゲノミクスは、動物の遺伝的リスクの理解を深め、将来の収益性を高めるための対策を講じることにつながる。アニマルゲノミクスは、家畜生産者に戦略的な動物の選択と繁殖の決定を促し、家畜群の収益性と収量の向上を最適化する。

新型コロナが市場に与える影響

新型コロナウイルスは、医学的、社会的、経済的に深刻な問題をもたらした。医学界が診断や治療法の開発に注力している一方、農業・食品加工業界では、効率的な食料生産、物流・サプライチェーンの効率化、将来の需給ショックを吸収するためのバッファシステムの構築などに力を注いでいる。商品の生産者や供給者以外にも、種子メーカー、形質開発者、ゲノミクス研究者などが、新型コロナウイルスのパンデミック後のキャパシティビルディングのためのソリューションを提供することに注力。アグリゲノミクスは、遺伝子編集技術を利用して、数多くの抗細菌、抗真菌、抗ウイルスのソリューションを開発する方向に進んでいる。

牽引要因:最先端のゲノム解析ツールと技術

アグリゲノミクス市場は、超並列シーケンシング技術の導入や、細胞の挙動を分子レベルで効率的に解析するプロトコルの開発など、機能的なゲノミクス分野の急速な進歩が主な要因となっている。農業分野におけるゲノミクスの応用としては、分子マーカーを用いた作物育種が、従来の育種プログラムと比較して、作物選択の範囲、スピード、効率の向上という点で効果的であることがわかっている。また、高度なゲノム解析技術により、作物の品質と収量が向上すると同時に、必要な肥料、農薬、水の量が少なくて済むことがわかっている。家畜については、新しい技術により、乳量、肉質、生殖能力などの望ましい形質が大幅に改善されることが知られている。

抑制要因:最適化されていない学際的な研究アプローチと不十分なインフラサポート

アグリゲノミクス研究における自動化システムの導入は、人類遺伝学などの他の分野と異なり、予算上の制約から多くない。そのため、発展途上国の研究者は、自動化システムの利点を認識しているにもかかわらず、自動化システムよりも手動の方法を好む傾向にある。同様に、新興国の学術研究機関では、自動化システムへの投資が困難。そのため、高コストの自動化システムが普及しているのは先進国に限られており、アグリゲノミクス研究における自動化のさらなる市場成長の余地は限られている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る