Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

希少な酒米「惣兵衛早生」が復活 「Shield 惣兵衛早生」数量限定発売2021年9月27日

一覧へ

楯の川酒造株式会社(山形県酒田市)は9月27日、庄内が誇る希少な酒米「惣兵衛早生」を復活させて醸した「Shield 惣兵衛早生」を数量限定で発売する。

希少な酒米「惣兵衛早生」が復活 「Shield 惣兵衛早生」数量限定発売

「惣兵衛早生(そうべえわせ)」は、 "幻の酒米"と称される「亀の尾」の親にあたる山形県庄内地方の在来品種で、 亀の尾以上に希少な存在となっている酒米。楯の川酒造では、この「惣兵衛早生」の種もみを譲り受け、契約農家に栽培を依頼。3年以上の年月をかけて作付面積を増やし、現代に復活させた。

楯の川酒造がある庄内地方では、昔から個々の農家で米の品種改良や新品種の開発を行っていたという記録が残っている。同社は、先人たちが紡いできた歴史に目を向けて、日本酒という形で後世へ継承していくことも、庄内に根付く酒造としての使命と考え、「Shield惣兵衛早生」が生まれた。

Shield 惣兵衛早生Shield 惣兵衛早生

「Shield惣兵衛早生」は、上品な香り、ほどよいボリューム感が特徴で、貴重な酒米から醸された純米大吟醸。香りが穏やかで料理の邪魔をせず、酒米の持つ深い味わいは濃い目の味付けにもシンプルな味付けにもフィットする食中酒となっている。特に、出汁や酸味との相性がよく、出汁のきいた煮びたしやトマト料理・マリネなどのペアリングがおすすめ。720mlで2035円、1800mlは3850円(税込)。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る