Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

障がいのある従業員と「わーくはぴねす農園」事業に参画 ハリマ化成2021年9月27日

一覧へ

ハリマ化成グループハリマ化成株式会社(兵庫県加古川市)は9月24日、障がい者の支援サービスを手がける株式会社エスプールプラスが運営する「わーくはぴねす農園」事業に参画し、同施設内に「ハリマファーム」をオープンした。

わーくはぴねす農園外観わーくはぴねす農園外観

エスプールプラスは、今年春に大阪に初進出し、摂津市にソーシャルファーム(企業向け貸し農園)を開業。屋内型農園で野菜の栽培をする仕事で、障がい者が安心して自分らしく働ける場を提供している。現在、全国で350社以上の企業との連携を通じて、福祉就労での働き方ではなく、企業への就労となる多様な方々の雇用機会の創出を図っている。

ハリマ化成は、障がいのある従業員3人を新たに採用し、同農園敷地内にある「ハリマファーム」に派遣。水耕栽培農業に携わることで、社会とつながる機会を得ながら、働きがいを持って活躍してもらうことをめざしている。また、収穫物は加古川市にある同社製造所の社員食堂で活用するほか、子供食堂などに寄付する予定。同社は、長年にわたって障害者の法定雇用率を上回って障がい者の雇用を継続。働き方の多様化の流れを受け、経済的自立に寄与すると共に、地域への社会貢献に取り組んでいる。

施設内で水耕栽培により農作物を育てる施設内で水耕栽培により農作物を育てる

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る