Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

労働者協同組合法施行まで1年 キックオフイベント開催 ワーカーズコープ2021年9月28日

一覧へ

日本労働者協同組合連合会(ワーカーズコープ)は、労働者協同組合法の施行まであと1年となる10月1日、「労働者協同組合法制定記念YEARキックオフイベント」をオンラインで開催する。

労働者協同組合法施行まで1年 キックオフイベント開催 ワーカーズコープ

労働者協同組合法は、働く人が自ら出資して運営に関わり、「協同労働」という新しい働き方を実現する法律。2020年12月に制定され、2022年10月1日に施行される。この法律の施行により、日本での「働き方」の選択肢が一つ増えることになる。

ワーカーズコープは、法施行までの1年間を記念YEARと位置づけ、10月1日から2022年12月までの期間、「協同労働」という新しい働き方を広く日本の社会に呼びかける活動を展開。イベントや学習会などを通じて協同労働への理解の促進と新たなワーカーズづくりをすすめる。その始めとして、10月1日に「労働者協同組合法制定記念YEARキックオフイベント」を開く。

「協同労働」は、働く人すべてが組合員となり、みんなで出資して、話し合って運営する新しい働き方のかたち。会社に雇われるのではなく、自営やフリーランスでもなく、一人ひとりの主体性と意見を大切にしながら、やりたい仕事や必要な仕事をみんなでつくっていく。労働者協同組合は非営利団体であるため、地方自治体との連携も期待されている。地域のさまざまな課題に対応した事業づくりとして、食や農林、福祉・医療、自立支援、コミュニティづくり、建物管理・物流などをはじめ、ITや交通・環境、金融・法律・税務、メディアなど多岐にわたる分野での仕事を創出できる。

◎「労働者協同組合法制定記念YEARキックオフイベント」概要
日時:10月1日 18時~19時40分

形式:オンライン開催(メイン会場:労協連本部8F会議室)

参加対象:「協同労働」や「労働者協同組合法」に興味ある人

内容:協同労働の動向、労働者協同組合法施行に向けての現状、自治体からの期待コメント、協同労働を実践している組織からの報告など

登壇者:労協連 古村伸宏理事長ほか

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る