JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

キリンと奈良県平群町の休耕地でホップ栽培 数量限定クラフトビール発売 NI-WA2021年10月12日

一覧へ

株式会社NI-WAとキリンビール近畿圏統括本部は、奈良県生駒郡平群町の休耕地を活用して栽培し、収穫したホップを使った新商品「オンナ心と平郡とホップと…」を紹介する「クラフトビールお披露目会」を10月16日に開催する。

キリンと奈良県平群町の休耕地でホップ栽培 数量限定クラフトビール発売 NI-WA

奈良県平群町は、高齢化とともに休耕地や空き地数が増加傾向にある。両社は、食を通じて地域社会とコミュニティの活性化に貢献しようと、2月から平群町の休耕地を活用して共同でホップを栽培し、8月に収穫を終えた。収穫したホップを使ったクラフトビール「オンナ心と平郡とホップと...」(330ml瓶・700円、税別)は10月16日からNI-WAの「Nakatsu brewery」と、11月27日に開かれる「平群マルシェ」で数量限定で発売する。

収穫したホップは真空状態で冷凍保存後、Nakatsu breweryで粉砕して醸造される収穫したホップは真空状態で冷凍保存後、Nakatsu breweryで粉砕して醸造される

10月16日に開かれる「クラフトビールお披露目会」では、完成したビール「オンナ心と平郡とホップと...」を紹介。また、日本でホップ栽培面積日本一である岩手県遠野市とオンラインでつなぎ、「ホップの里からビールの里へ」を合言葉に、ホップとビールを活用したまちづくりの取り組みについて紹介する。オンライン視聴は、Nakatsu breweryのFacebookアカウントから。

◎「クラフトビールお披露目会」開催概要

クラフトビール「オンナ心と平群とホップと...」クラフトビール「オンナ心と平群とホップと...」

日時:10月16日 13:30~16:00
場所:Nakatsu brewery(大阪市北区)
内容
・平群町でのホップ栽培とNakatsu breweryでのビール醸造がもたらす地域社会
・コミュニティ活性化について
・完成ビール「オンナ心と平群とホップと・・・」の紹介
・岩手県遠野市での取り組みについて
登壇者
・株式会社NI-WA 鈴木悟氏、増田洋之氏
・キリンビール株式会社 近畿圏統括本部 関根拓氏
・BEER EXPERIENCE株式会社 高間陽佑氏(岩手県遠野市よりオンライン参加)

【Facebookアカウント Nakatsu brewery】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る