JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

和歌山が「パワーサラダ」をジャック 生産者応援企画実施 HIGH FIVE SALAD2021年10月19日

一覧へ

パワーサラダ専門店「HIGH FIVE SALAD」を運営するハイファイブは11月1日~30日、新型コロナウイルスの影響で販路が減った和歌山県の生産者を支援するため、全てのサラダに和歌山県産の食材を使用。「紀の国みかんどり」や、出荷量日本一の柿やみかんなど宮崎県産食材を使ったメニューを都内の3店舗とECで販売する。

和歌山が「パワーサラダ」をジャック 生産者応援企画実施 HIGH FIVE SALAD

パワーサラダは、全国の生産者が作る良質な農産物などを使用。野菜・フルーツ・肉・ナッツ・チーズなどを1つのボウルに詰め込んだ食事となるサラダで、栄養バランスの良さと、たっぷりと食べ応えのあるボリューム感がある。同社は、心身共に健康的な生活「ウェルネスライフ」をカジュアルなスタイルで実現してもらおうと、新宿区と千代田区の3店舗と、ECサイトで全国に発送している。

期間中は、すべてのパワースープサラダ、デリプレートに和歌山のみかん果皮入りの餌で育った健康鶏「紀の国みかんどり」を使用。また、パワーサラダのトマトに和歌山県特産ミニトマトを使い、グリルドチキンを健康鶏「紀の国みかんどり」で作る。トッピングには、11月1〜15日の前半は「柿」を、11月16〜30日の後半は「みかん」を使用する。

和歌山が「パワーサラダ」をジャック 生産者応援企画実施 HIGH FIVE SALAD2

【「HIGH FIVE SALAD」公式サイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る