JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

子会社「ドクターフーズ」がSPACスキームで米国市場に上場 ネクストミーツ2021年10月20日

一覧へ

ネクストミーツの子会社で株式会社Dr.Foods(ドクターフーズ)は10月15日、培養肉、微細藻類、遺伝子組み換えの研究、代替食品を製造販売する会社として米国証券取引委員会(SEC)のOTC市場に上場した。

「植物性培養フォアグラ」を開発したDr.Alexis Guionet(左)、植物性培養フォアグラ「植物性培養フォアグラ」を開発したDr.Alexis Guionet(左)、植物性培養フォアグラ

世界では遺伝子組替のハンバーガーパティを提供するインポッシブルフーズが、肉の味がする大豆由来の代替肉などを販売。また、米国ではスターバックスやバーガーキングなどを始め多くのレストランが導入している。ネクストミーツは、子会社のドクターフーズ社を通じて代替食品を世界に向けて提供していく。同社は、ネクストミーツの開発部門を担う博士3人を執行役員とし、SPAC(特別目的買収会社)スキームによりOTCBBのブランクチェックカンパニーを買収。SPACの子会社を日本法人として9月17日に設立された。

今後は、フランス人博士のAlexis Guionet氏が開発した「植物性培養フォアグラ」の量産体制をつくり、年内の販売をめざす。また、微細藻類の研究も進め、微細藻類によるハンバーガーパティなどの販売も進める。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る