JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

「食べチョク」のビビッドガーデン 大阪府と事業連携協定を締結2021年10月20日

一覧へ

産直通販サイト「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは10月25日、大阪府と事業連携協定を締結。若手生産者のインターネット販売を通じた成功事例を創出する。

「食べチョク」のビビッドガーデン 大阪府と事業連携協定を締結

農林水産省の平成31年農業構造動態調査結果(2019年)によると、基幹的農業従事者の全国平均年齢が66.8歳に対し、大阪府の平均年齢は69.8歳と3歳平均年齢が高い。一方、大阪府では毎年一定数の若手の新規就農者や親元新規就農者が生まれていることから、若手生産者の支援を強化するために事業連携協定を締結することになった。

同連携協定では、大阪産の食材「大阪産(もん)」の魅力を全国に発信し、大阪農業の持続的な成長・発展に向けたプロモーションと生産者を結びつけた販売促進などを行う。また、府内の若手農業者を中心に、食べチョクでの販売に関するノウハウやヒット商品づくりの支援等を実施。さらに、農業の生産現場での一般消費者の体験する機会や援農する機会を創出し、大阪農業のファンづくりと新たな担い手を創る。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る