ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

若手漁師が子どもたちに特別授業 JF全国漁青連と共同開催 こどハピ2021年10月20日

一覧へ

子供向けオンラインイベントプラットフォーム「こどハピ」を運営する株式会社シンシアージュは、若手漁師の団体JF全国漁青連と共同で、子どもに向けた特別授業「JF全国漁青連の特別スクール」を開催する。

若手漁師が子どもたちに特別授業 JF全国漁青連と共同開催 こどハピ

JF全国漁青連特別スクールは、全国各地の漁師が子ども達と直接オンラインでつながり、漁の紹介や体験ツアーを通じて漁業や漁師の活動について興味を持ってもらう事を目的としている。実際にホタテやカンパチ、ビワマスなどの海産物を子どもの家庭へ届け、イベント中にさばいて食べるプログラムも予定。漁業に関して楽しく学べる。

第1回の岩手編は10月31日、第2回の滋賀・琵琶湖編は11月14日、第3回の鹿児島編は11月27日に開催。それぞれ現地の漁師が講師として子どもたちと直接オンラインでつながり、漁業について伝える。すべて無料で全国どこからでも参加できる。

講師を務める漁師たち講師を務める漁師たち

◎JF全国漁青連特別スクール(全3回)概要

■第1回<岩手編>
テーマ:東北の海で発見いっぱい!漁師になりきる養殖体験ツアー
開催日:10月31日
内容:岩手県のホタテ養殖のオンライン体験ツアーを通して養殖業の様子を紹介。教材としてホタテを届ける。

■第2回<滋賀・琵琶湖編>
テーマ:琵琶湖から漁師がお届け!その魚がちょ~新鮮なのはなぜ?
開催日:11月14日
内容:日本最大の湖「琵琶湖」での漁業を紹介するとともに、漁師が行う魚の鮮度保持の技術を紹介し、おいしい魚の秘訣を考える。教材としてビワマスを届ける。

■第3回<鹿児島編>
テーマ:漁師目線で海の中を探検!おいしい魚が育つ豊かな海とは?
開催日:11月27日
内容:鹿児島の漁師がオンラインで現地の漁の様子や海の中を見せる。漁師目線で海の豊かさを知ることができる。教材として養殖カンパチを届ける。

【JF全国漁青連の特別スクール】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る