FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

「ウッドデザイン賞2021」農林水産大臣賞など上位賞25点が決定2021年11月25日

一覧へ

第7回を迎えた「ウッドデザイン賞2021」は11月24日、応募作品433点の中から、最優秀賞の、優秀賞、奨励賞の25点を選出。最優秀賞の農林水産大臣賞には、株式会社金丸工務店ほかの作品「URASHIMA VILLAGE」が選ばれた。

最優秀賞の「URASHIMA VILLAGE」(株式会社金丸工務店ほか)最優秀賞の「URASHIMA VILLAGE」(株式会社金丸工務店ほか)

「ウッドデザイン賞」は、木で暮らしと社会を豊かにするモノ・コトを表彰し、国内外に発信する顕彰制度。2021年度には、昨年度を越える433点の応募があり、その中から10月14日に191点が「ウッドデザイン賞2021」(入賞)として選出された。

審査委員長の赤池学氏は「多様なステークホルダーの協働による、木材・森林利用の新たな価値創出の流れが台頭してきた。コロナ禍を受け、多くの人々が改めて、持続可能な森川里海が育む不易の価値に目覚め始めている。こうした地域の資源や文化を活かした良質な木造・木質空間による"おもてなしの場" のあり方を、生活者目線、消費者視点で構想し、新たな市場拡大と持続可能な社会構築に向けて実装して欲しい」と総評した。

最優秀賞(農林水産大臣賞)は、「URASHIMA VILLAGE」(株式会社金丸工務店ほか)。また、優秀賞(林野庁長官賞)の「ライフスタイルデザイン部門」には、「タクマビル新館(研修センター)」(株式会社タクマほか)、「木製の冷凍ご飯容器「COBITSU」」(有限会社大橋量器ほか)が選ばれた。

以下、「ハートフルデザイン部門」には「KAKAMIGAHARA PARK BRIDGE」(各務原学びの森株式会社ほか)、「ソーシャルデザイン部門」には「木と暮らすデザインKYOTO」(京都市ほか)、「木造大型パネルによる製造・物流・施工の合理化技術」(ウッドステーション株式会社ほか)など、建築・空間/建材・部材、木製品、コミュニケーション、技術・研究の各分野から9作品が選出された。

表彰式は12月8日、環境展示会「エコプロ2021」の特設ステージで開催。また、7年間の「ウッドデザイン賞」の成果を活かし、異業種連携により、木材利用を通じた持続可能な社会の構築を目指す「一般社団法人日本ウッドデザイン協会」(会長:隈 研吾)の設立を発表する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る