協友アグリヘッドSP:FG剤
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

植物工場生産農家が高機能野菜の新種栽培を開始 デリファーム2021年12月1日

一覧へ

植物工場生産の農家として生産から販売まで一貫して運営するデリファームは、11月に新たな高機能野菜の栽培を開始した。

デリファームの植物工場デリファームの植物工場

東大阪にある同社の植物工場は、水とLEDで無農薬野菜を栽培。食品加工工場と同じ衛生管理により、異物混入を防ぎ、洗う必要のない野菜を計画生産できる。種をまくところから収穫し、飲食店へ配送するまでのすべてを一貫して行うことで、飲食店の声を生産に生かすことができる。

新商品として、エスニック料理店だけではなく、カフェや創作料理店などからの声も多かったパクチーの栽培を11月から試験的に栽培。パクチーは、独特の風味で近年、特に人気が高いが、価格の変動や品質の不安定さもあり、植物工場で栽培することによってリスクを排除し、安定供給を目指す。

同社の商品は、クリスピーレタス(1500円/500gパック)とレタスミックス(2000円/500gパック)をラインアップ。「クリスピーレタス」は、鮮やかな緑色で葉肉が厚く、口に入れた瞬間のシャキシャキ感が楽しめる新品種レタス。一方、「レタスミックス」は、クリスピーレタスをメインに、ブーケレタス、ケール、レッドカラシナ、レッドアマランサス、レッドカラシナなど、その日取れたベビーリーフをミックスし色鮮やかなサラダになるレタスミックス。8月に開始した野菜の売上は、3か月で200%を超えた。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る