FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

コナラ当年枝の放射性セシウム季節変動を解明 森林総合研究所2022年1月14日

一覧へ

森林研究・整備機構森林総合研究所の研究グループは、きのこ原木が採取されるコナラ萌芽林を調査し、8月から翌年4月にかけてコナラ当年枝の放射性セシウム濃度が安定していることを明らかにした。

コナラ当年枝の放射性セシウム濃度1の季節変動コナラ当年枝の放射性セシウム濃度1の季節変動

放射能汚染地域の原木林利用再開に向けて、伐倒することなく、コナラ当年枝から幹の放射性セシウム濃度を推定する手法の開発が進められている。これまでの当年枝による評価技術では、放射性セシウム濃度が安定しているといわれる11月から翌年3月までの濃度を指標としており、この限られた期間に試料採取を実施する必要があるため、調査を進める上で大きな制約となっている。そこで調査可能な時期の拡大を検証するため、福島県田村市都路町のコナラ萌芽林で当年枝を採取し、その放射性セシウム濃度の季節安定性を評価した。

その結果、コナラ当年枝の放射性セシウム濃度は11月から翌年3月だけでなく、8月から10月と4月でも安定していることがわかった。これにより、幹の濃度推定に利用可能な当年枝の採取時期は、8月から翌年4月までの9か月間に拡大できることが分かった。原木林の放射性セシウム濃度調査を必要とする関連事業推進への活用が期待される。

同研究成果は、2021年12月にEcological Indicators誌に掲載された。

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る