人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

卵の価格が対前年比で30%上昇 資材高騰や鳥インフル影響 「上昇続けば農家に対応依頼も」2022年12月9日

一覧へ

「物価の優等生」といわれる卵の価格が資材高騰や鳥インフルエンザ流行などを背景に上昇し、今月の平均価格は前年同月を30%上回っている。野村哲郎農相は12月9日の閣議後会見で、当面は価格の動向を注視しつつ、「今後も上昇が続く場合は鶏の飼育期間を延ばすことを農家にお願いすることも考えたい」と述べ、安定供給に努めたいとの意向を示した。

JA全農たまごが公表している相場情報によると、東京の卵のM基準値(円/㎏)は、今年11月に過去5年の月別平均価格で最も高い262円に上った。12月に入ってさらに上昇して12月9日に273円に達し、前年同月の210円より30%上昇している。

これについて野村農相は会見で、「年末は需要が増えて例年、価格が上昇するが、コロナで減少した外食需要が回復基調にあることや飼料価格上昇に伴う価格転嫁などで上昇している」と述べるとともに、「鳥インフルエンザの羽数が全体に占める割合は2.7%で、流通在庫の調整で影響は一定程度緩和されており、価格上昇は必ずしも鳥インフルの影響とは考えていない」と述べ、現時点では鳥インフルエンザの影響は大きくないとの見方を示した。

そのうえで今後の見通しについては、「年明けに需要が落ち着くので鶏卵価格は低下すると見込んでいる」と述べ、当面、需要と価格の動向を注視する姿勢を示した。

また、価格上昇が続いた場合の対応については、「鶏はある程度卵を生むと淘汰をしていくが、飼養期間の延長を農家にお願いするなどして卵が不足することがないよう安定供給をはかっていきたい」と述べ、今後も価格上昇が続けば対応を検討する考えを示した。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る