人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

野菜の生産に使う生分解資材シンポジウム開催 農研機構2024年2月27日

一覧へ

農研機構は3月8日に野菜の生産に使う生分解資材シンポジウムを秋葉原で開催

生分解性プラスチック製の農業用マルチフィルムは、作物を収穫した後に畑に鋤込めば、土の中の微生物によって分解されるため、使用済フィルムの回収と処理が必要ない。

日本では、農業の担い手が急速に減っており、生分解性マルチフィルムは少人数で広い畑を管理するために、近い将来欠かせない資材となる。

使用済みの生分解性マルチフィルムを酵素処理によって、速やかに分解する技術の開発を目的とした研究課題の成果について報告を行ない、併せて、みどりの食料システム戦略実施団体の協力のもと、生分解性プラスチックの特性や、生分解性マルチの最近の利用状況や将来性についての話題を取り上げる。

野菜の生産に使う生分解資材シンポジウム開催 農研機構

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る