人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

低誘電有機絶縁材料スネクトン 生産プラント建設投資を決定 デンカ2024年5月22日

一覧へ

デンカは5月21日、低誘電有機絶縁材料(製品名:スネクトン®)生産のため、約70億円の設備投資を決めたことを発表した。

スネクトンスネクトン

同社が開発したスネクトン®は、次世代高速通信(Beyond5G、6G)において、電気信号の損失(伝送損失)を低減させるために素材に要求される電気特性(低誘電率、低誘電正接)を備えている。すでに各種高速通信機器の銅張積層板(CCL)や層間絶縁材用途などで高い評価を得ており、今後大幅な需要拡大が見込まれる。

従来のエポキシ樹脂をベースとしたCCLでは、次世代高速通信用途としては伝送損失面で課題があったが、スネクトン®は要求される低伝送損失を実現。さらに、軟質樹脂でありながら架橋性(耐熱性)も有する。また、完全硬化後も軟質性を有することから、フレキシブル銅被覆板(FCCL)への適用も可能で、PC、スマートフォン、データセンター、携帯電話基地局、ウエアラブル端末、自動車など幅広い分野での活用が期待される。

同社は2023~2030年度の8か年を対象とした経営計画「Mission 2030」において、「ICT&Energy」分野では800億円の戦略投資枠を定めており、今回の投資はその中でも中核の1つと位置付けて投資を実行する。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る