左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農研機構の育成品種「食のブランドニッポンフェア」2015年10月14日

一覧へ

 農研機構は10月~12月の3か月間を「食のブランドニッポンフェア2015」として、食や農業研究に関う様々なイベントを開く。イベント第一弾として10月25日「食のセミナー」を松坂屋上野店で開く。

食のブランドニッポンフェア 毎年行われている同フェアは、今回もその地域に住む人々に認知してもらうために行われる。
 生産者の意見を取り入れた食材開発を行う農研機構が、アンケートなどで一般消費者の声を聞き、今後の研究にも反映させていく狙い。
 10月25日に開かれる食のセミナーでは、農研機構が育成した品種のミカンとかぼちゃの栄養素を同研究員が紹介していく。セミナー後、紹介した原材料を使用したスイーツの試食も行う予定。
 また、10月14日~31日の間、松阪屋上野店の食品売り場の各店舗で、農研機構の育成品種を使った創作料理フェアが開かれ、育成品種や惣菜、弁当などが販売される。
 今後の食のブランドニッポンフェア2015の詳しい情報に関してはホームページで確認できる。

以前行われた食のセミナーと試食会の様子

【食のセミナー概要】
◎日時:10月25日13時から14時
◎場所:松坂屋上野店黒門別館4F特設会場
◎定員:50人(募集人数に達し次第、申込は締め切る)
◎参加費:無料
◎講演内容:「果物パワーで豊かな生活を! ミカン色素β-クリプトキサンチンの秘密!!」農研機構果樹研究所カンキツ研究領域 杉浦実
「甘くてホクホク旬の食材! 話題のカボチャ TC2A「ほっとけ栗たん」の紹介!」農研機構北海道農業研究センター水田作研究領域 嘉見大輔
◎申込:農研機構のホームページから申し込み。申込に関する問い合わせは、農研機構連携広報センター「食のセミナー」係 電話:029-838-8337

(写真)以前行われた食のセミナーと試食会の様子

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る