Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

温州ミカン、カキに果樹カメムシ類 平年に比べて誘殺数多く 徳島県2021年10月11日

一覧へ

徳島県病害虫防除所は、果樹カメムシ類の発生を県内で確認。これを受け、10月8日に病害虫発生予察注意報第3号を発令した。

ツヤアオカメムシ(左)とチャバネアオカメムシ(左)、カキの被害果実(写真提供:徳島県病害虫防除所)ツヤアオカメムシ(左)とチャバネアオカメムシ(左)、カキの被害果実(写真提供:徳島県病害虫防除所)

果樹カメムシ類について、上板町と勝浦町での9月第6半旬から10月第1半旬の予察灯調査では、誘殺数が平年に比べて多く推移。収穫期の温州ミカンやカキに被害が発生した2016年の誘殺状況に類似している。

9月26日~10月5日の果樹カメムシ類の誘殺数は、勝浦町で903頭で平年の583頭および前年の78頭に比べて多い。また、上板町では1574頭で、平年の154頭および前年の9頭に比べて極めて多くなっている。また、10月7日に行ったほ場調査では、県南部の温州ミカン園や県北部のカキ園で、果樹カメムシ類の飛来が確認され、被害が認められている。

高松地方気象台が10月7日に発表した1か月予報では、気温は高く、降水量はほぼ平年並。特に期間の前半は気温がかなり高いと予想されており、発生助長的な気象条件となっている。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇果樹園周辺の山林や雑木林から成虫が飛来してくるため、園内を巡回し、飛来を確認したら早急に防除を行う。

〇移動性が大きいため、広域一斉防除により防除効果の向上に努める。

〇飛来数が多い場合は、継続的な防除が必要だが、薬剤の影響でハダニ類が増加する場合があるため、ハダニ類の発生にも十分注意する。

〇防除等の詳細については、徳島県植物防疫指針を参照。また、薬剤を使用する際は、必ず農薬ラベル記載事項を遵守する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る