人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1年育成フェザー苗でリンゴの高密植栽培 開発成果を紹介 生研支援センター2023年6月8日

一覧へ

農林水産業や食品産業における新産業の創出や技術革新を目指す研究に資金を提供する生研支援センターは、リンゴの高密植栽培に必要なフェザー苗の育成期間を2年から1年に短縮した成果を紹介している。

1年育成フェザー苗の育成場(提供:長野県果樹試験場)1年育成フェザー苗の育成場(提供:長野県果樹試験場)

リンゴの栽培では、未収益期間を短縮し、目標収量に到達する成園化を短期間で実現するため、フェザー苗と呼ばれる定植後、早期に結実する苗木を高密植する方法が導入されている。

フェザー苗は、植物成長調整剤を散布することで新梢の腋芽(葉の付け根の芽)からも新梢(フェザー)を発生させた苗。フェザーは定植後に実をつける枝(側枝)となるため、フェザー苗は早期結実を期待できるが、育成には2年を要していた。そこで、長野県果樹試験場は、フェザー苗の大量安定供給を実現するため、従来の半分の期間で育成できる「1年育成フェザー苗」の実用化に取り組んだ。

1年育成(左)と2年育成(右)のフェザー苗(提供:長野県果樹試験場)1年育成(左)と2年育成(右)のフェザー苗(提供:長野県果樹試験場)

「1年育成フェザー苗」自体は海外で開発されたものだが、同試験場は約10年前から、1年育成フェザー苗と2年育成フェザー苗の生育や果実の品質などを比べる試験を実施。1年育成フェザー苗を用いても、収量や果実品質は2年育成フェザー苗と同等であることを明らかにした。

リンゴ栽培農家が1年育成フェザー苗を導入しやすい条件整備に努めてきた結果、いまでは長野県内で供給されるフェザー苗の大半が1年育成フェザー苗になるまでに普及。雪の少ない他産地にも適用が可能となる。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る