人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

【注意報】育苗中トマトに「トマトキバガ」発生を確認 北海道2024年4月12日

一覧へ

北海道病害虫防除所は、育苗中のトマトからトマトキバガの発生を確認し、4月11日に令和6年度病害虫発生予察注意報第1号を発令した。葉の食害を認めたら速やかに防除を呼びかけている。

北海道病害虫防除所によると、前年に全道各地でトマトキバガの飛来を認めており、一部地域では施設栽培トマトでの発生も確認された。冬期間も展張していたハウス内で越冬している可能性があることから、施設栽培トマトでは春から注意が必要。また、今年も早い時期から飛来する可能性があるため、前年発生が認められていなかった地域でも今後の発生に注意を呼びかけている。

同種は増殖性が高い害虫。育苗中からハウス内の観察に努め、葉に特徴的な被害を認めた場合、速やかに薬剤防除を始めることが必要。また、すでに発生が認められている地域では、育苗中からの防除を速やかに行うとともに移植時に灌注剤や粒剤による防除を実施すること。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇ほ場を観察し被害の確認に努める。幼虫は数~5ミリ程度と小さく、葉や果実に穿孔侵入する。葉の被害の特徴は、薄皮を残した大ぶりの袋状潜葉痕となり、糞が端に蓄積される。また、幼虫は潜葉痕から脱出後に生長点付近を加害する。

〇トマトキバガの発生が疑われた場合は、速やかに最寄りの農業改良普及センター、農業試験場、病害虫防除所に連絡し、発生種の確認を行う。

〇育苗期間中に被害が確認された施設およびその近隣地域では、潅注剤や粒剤の苗施用を行い、早期からの増殖を防止する対策が有効。

〇定植後は薬剤散布を行う。薬剤散布にあたっては、最新の農薬登録情報を確認し、薬剤抵抗性
の発達を防ぐため系統が異なる薬剤のローテーション散布を行う(表参照)。

〇被害葉や被害果実はほ場に放置せず、速やかに土中に深く埋没するなどして死滅させ、適切に処分する。

表:トマトキバガに登録のある薬剤(4月8日現在)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る