人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

要侵入警戒ウイルス「ToBRFV」トマトやピーマンにおける種子伝染の仕組みを解明 農研機構2024年5月15日

一覧へ

農研機構は、トマトに大きな被害をもたらすtomato brown rugose fruit virus (ToBRFV)が、ピーマンでも種子伝染すると世界で初めて明らかにした。また、トマトやピーマンの種皮にToBRFVが蓄積されることを示した。同成果は、ToBRFVの侵入を防止するため種子への厳密な検疫が重要であることを示し、伝染部位の特定により、検査技術の向上にもつながると期待される。

図1:ToBRFVに感染したピーマンのモザイク症状。矢印で示した部分がモザイク症状

Tomato brown rugose fruit virus(ToBRFV)は、トマトに生育不良や果実異常を引き起こし大きな被害をもたらすウイルスで、2014年にイスラエルで発生が初めて確認された。 ToBRFVは、ほ場内で急速にまん延し、感染したトマトは生育不良による収量の低下につながる。

ToBRFVは、農林水産省の植物防疫法施行規則において、検疫有害植物として規定されているウイルス。2024年1月現在、日本国内では未発生だが、2024年1月時点で30か国以上に発生が急拡大しており、世界中で生産現場や種子業界がその侵入・感染拡大を警戒している。このウイルスの急速かつ世界的な感染拡大は、主にToBRFVに汚染された種子の流通によるものと推察されている。

一方、ToBRFVはトマト以外にピーマン・トウガラシ類にも感染し、葉のモザイク症状や果実の奇形などが生じることで収量を低下させる(図1)。トマトにおいては、このウイルスが種子伝染することが報告されているが、ピーマンでは種子における伝染形態については明らかになっていなかった。

このほど農研機構は、トマトだけでなくピーマンにおいてもToBRFVが種子伝染することを明らかにし、感染種子の国際的な流通がToBRFVを世界的にまん延させている可能性を示した。

種子伝染のメカニズムの解明のため、まずトマトを用いた試験で、ToBRFVは受粉後、胚珠が種子へと発達する段階で胚珠の珠皮(種子の種皮となる組織)に侵入し、これが種皮の感染を引き起こす可能性が示された。さらに、トマトやピーマンおいて、種皮内部に蓄積されたToBRFVが発芽時に種皮から幼苗に侵入するという種子伝染のメカニズムの一部を初めて明らかにした。

同成果は、種子への厳密な検疫がToBRFVの日本国内への侵入と世界的な感染拡大の阻止に重要であることを示す。国内未発生のウイルスが侵入するリスクを下げること、ひいては世界的な健全種子流通に貢献するものと期待される。また、種子における感染部位が明らかになったことで、今後の種子検査技術向上につながる。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る