人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

【注意報】モモ、スモモ、ナシにナシヒメシンクイ 県北部で多発のおそれ 和歌山県2024年7月4日

一覧へ

和歌山県農作物病害虫防除所は、モモ、スモモ、ナシにナシヒメシンクイが県北部で多発のおそれがあるとして、7月3日に令和6年度病害虫発生予察注意報第3号を発令した。

ナシヒメシンクイの被害枝・被害果実(提供:和歌山県)ナシヒメシンクイの被害枝・被害果実(提供:和歌山県)

和歌山県農作物病害虫防除所によると、県北部のモモにおける6月中旬の発生ほ場率は80%(平年27%)、被害枝率は2.8(平年0.7%)。発生ほ場率、被害枝率ともに平成26年以降で最も高い(表)。

表:県北部のモモにおける6月中旬のナシヒメシンクイの発生状況

同所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇幼虫が新梢や果実に食入し加害する。食入後では薬剤の効果が低下するため、食入前の防除に重点を置く。被害にあった新梢の被害部位や果実は速やかに除去し適切に処分する。

〇幼木期に新梢が加害されると樹形を乱すことになるため、防除を徹底する。

〇モモやスモモでは収穫期の防除となるため、薬剤の使用時期(収穫前日数)に注意する。使用時期が「収穫前日まで」となっている薬剤の場合、収穫は散布から24時間以上経過してから開始する。

〇防除薬剤は最新の登録情報「農林水産省農薬登録情報提供システム」を参照し適正に使用する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る