左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業関連事業が引き続き好調 デュポン2012年業績2013年1月29日

一覧へ

 デュポン(本社・米国デラウェア州)は1月22日、2012年通期の業績を発表した。

 売上高は前年比3%増の348億ドルだったが、税引き前営業利益は同1%減の57億ドルだった。ただし、すでに撤退し医薬品事業を除けば同3%増となる。特別項目を除いた1株あたり営業利益は3ドル77セントだった。
 事業部門別では、農薬関連事業が引き続き好調で売上高、利益ともに前年に比べてのびた一方、酸化チタンやフッ素ポリマーなどの高機能化学事業、スマートフォン・タブレット材料や太陽光発電材料などの電子・情報事業は前年比減となった。
 農業関連事業の売上高は、販売量の伸びや販売価格の上昇などにより、前年比14%増の104億ドル。税引き前営業利益は18%増の21億ドルだった。特に北米・中南米を中心にトウモロコシ、大豆などの種子、全地域で殺虫剤、除草剤の販売が好調だった。
 同社のエレン・クルマン会長兼CEOは12年の業績について、「各事業部門で、イノベーションの創出、生産性の向上、コストシナジー効果を実現し、新製品の導入が記録的な年だった」と総括している。
 13年の業績見通しとしては、売上高は増加し360億ドルとなるが、上半期の営業利益は12年上半期に比べて若干減少すると見込んでいる。


(関連記事)
【人事速報】 天羽稔氏が新会長、田中能之氏が新社長に デュポン (1月1日付) (2012.12.20)

農業残滓のトウモロコシ茎葉からエタノールを生産 デュポン (2012.12.12)

信越化学工業、デュポン、ダウ、モンサントなどが受賞 世界の革新的企業トップ100 (2012.12.12)

2015年に新剤売上高を倍に  デュポン (2012.09.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る