生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

「つちのこの村」に新たな特産品を 純国産きくらげ栽培と販売で協業 岐阜県東白川村×エネテク2020年4月10日

一覧へ

 総合電気設備工事のエネテク(愛知県小牧市)は、岐阜県加茂郡東白川村との協業により、「きくらげ」の栽培と村内にある道の駅やインターネットでの販売を開始。きくらげの栽培から販売を通して、東白川村の魅力を全国に拡げ、持続性ある村づくりを支援する。

岐阜県東白川村×エネテク
 同社は、再生可能エネルギーの普及拡大に取り組む中、農地に太陽光発電システムを設置して発電しながら、同時に作物も育てる「ソーラーシェアリング」に着目した。

 太陽光パネルを設置すると影ができるため、その影響を受けにくい作物を模索する中、「きくらげ」が候補として挙がった。

 きくらげは食物繊維やビタミンDなどの栄養価が食物の中でも高く、健康、美容に関心を持つ女性を中心にニーズが高まっている。また、中国産など輸入が9割を占め、国産きくらげはわずか数パーセントという状況もあることから同社は、安全で栄養価の高い国産きくらげの栽培から販売事業に参入価値があると見ている。

東白川村(五加地区)のガラスハウスハウス内の菌床東白川村(五加地区)のガラスハウスとハウス内の菌床

 岐阜県東部に位置する東白川村は、お茶とひのきと清流の里として知られる。また、幻の珍獣「つちのこ」の目撃多発地域として「つちのこ村」とも呼ばれ、毎年5月3日に行う捕獲イベントには村内外から約3000人が参加する。

 同社は以前、同村に太陽光発電所を建設した縁から「東白川村のキレイな空気と水に恵まれた自然環境で、安全、安心で美味しいきくらげを育てたい」と同村に相談を持ちかけたことをきっかけに今回の事業がスタートした。

 2019年に同村五加地区の農業用ガラスハウスを同社が借り受け、きくらげ栽培用の設備や加工場を設置し、12月から村内で試験的に道の駅などで販売を開始。販売方法やきくらげの加工品開発などを模索する中、同村で道の駅の運営や農業支援を行う新世紀工房と提携することになった。

 現在は、「生きくらげ」と「乾燥きくらげ」を道の駅などで販売し、飲食店へ卸している。

 今後は、白色の「白きくらげ」も栽培し、販売する。さらに、新世紀工房とエネテクで運営する「杜の工房」で、加工品など新たな商品を開発、販売する予定。

収穫前のきくらげ収穫前のきくらげ乾燥きくらげ左から収穫前のきくらげ、生きくらげ、乾燥きくらげ

 
(関連WEBサイト)
【杜の工房】


最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る