Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

カットフルーツ容器「APオクタ」シリーズに新サイズ追加 エフピチューパ2021年7月21日

一覧へ

農産パック・農産フィルムなど総合食品容器メーカーのエフピコチューパは7月1日、カットフルーツアソート販売に活用できる「APオクタ17-17-5/17-17-3」の2種を発売した。

APオクタ17-17-5APオクタ17-17-5

同社はこれまでカットフルーツ容器「APオクタ」を開発し、独自の本体と蓋が一体型の容器を販売してきた。新商品「APオクタ17-17-5/17-17-3」は、APオクタの4つ仕切りを採用したユーザーからの5つ仕切り、3つ仕切りの商品を求める声にこたえて開発。一人暮らしでも少しずついろいろな果物を食べたいという人に最適なパッケージとなる。「APオクタ17-17-3」は、弁当容器の仕切りをヒントに開発され、メインのポケットには通年で販売できる果物が入り、小さなポケットには季節の果物を少しずつ詰められる。

「APオクタシリーズ」は、カットフルーツ向けの容器の身と蓋別々という概念を取り払い、身と蓋が一体型で、在庫スペースも集約。中身を詰めたときに程よいボリューム感になるよう設計されており、最も売れているカットフルーツのサイズ感に集約している。

密閉式の構造で汁漏れのストレスも解消。消費者が持って帰る間に買い物袋の中で汁が漏れることもほとんどない。また、匂いが気になるキムチや黒ニンニクなどにも使える。仕切り付きは3つ、4つ、5つのタイプがあ、ミニトマトやイチゴの品種別や国産、輸入ブドウの食べ比べなど、食べ比べセットにもおすすめ。また、PETボトルを再生利用したリサイクル素材「エコAPET」を使用しており、容器が凹みづらく輸送中の衝撃や多段重ねにも対応する。

APオクタシリーズAPオクタシリーズ

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る