人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

大輪のポンポン咲き アスター新シリーズ「あずみXL」種子発売 サカタのタネ2023年11月15日

一覧へ

サカタのタネは、大輪のポンポン咲きアスターの新シリーズ「あずみXL」の種子を発売する。

大輪ポンポン咲きアスターの新シリーズ5品種大輪ポンポン咲きアスターの新シリーズ5品種

アスター「あずみXL」シリーズは、咲き進むと花がこんもりとした半球状になるポンポン咲きで、花径7~8センチになる大輪品種。真夏の栽培で問題となるフザリウムの耐病性品種で、お盆を中心とした7~9月の需要期に向け、露地での安定した生産が可能となる。また同シリーズは、従来品種と比べて草丈が取れやすく利用方法が広範なため、市場の評価も上がりやすく、試作した生産者から高く評価された。

アスターは、日本では主に仏花として使われるが、ポンポン咲きのアスターは、色合いや花型が花束、アレンジメントなどにも合わせやすく、使用用途は仏花に留まらない。同社は大輪で存在感のある「あずみXL」シリーズが多様な用途にも向くとして、プロ向け、趣味園芸家向けの両面からアスターの新しい利用方法を提案する。

アスター「あずみXL」シリーズはレッド、ローズ、ブルー、ホワイト、ンクの計5品種。趣味園芸家向けにはオンラインショップを含む当社通信販売で単色5商品とミックス1商品、それぞれ約140粒入り袋440円で11月15日から受注を始め、12月下旬から順次発送。営利生産者向けは単色5商品、それぞれ5ml(約100粒)入り袋で希望小売価格は2200円。全国のJA、種苗店を通じて2023年12月下旬から発売する。価格はいずれも税込。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る