人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

長澤まさみ出演のCM最新作『クボタが支える カンボジア水インフラ』篇 16日からオンエア2023年12月15日

一覧へ

クボタは、女優の長澤まさみさんが出演する企業テレビCMの最新作『クボタが支える カンボジア水インフラ』篇(30秒)を、12月16日にオンエアを開始する。

企業CM最新作『クボタが支える カンボジア水インフラ』篇から企業CM最新作『クボタが支える カンボジア水インフラ』篇から

クボタが長期ビジョン「GMB2030」で掲げる『豊かな社会と自然の循環にコミットする"命を支えるプラットフォーマー"』を表現するCMシリーズの第3弾。長澤さんが目覚めると、そこは「○○」だったという設定のもと、その国の人々の暮らしを支えるクボタの姿を、現地の生活者の視点を通じて伝えている。

タイ、スペインに続き、今回、長澤さんが目覚めたのは、カンボジア。とある郊外の高校の国語教師として働き、休み時間には生徒たちとサイで遊んで過ごしていた。そんな中、目にしたのが手洗い場で気持ち良さそうに汗と土ボコリを洗い流す生徒や、楽しそうに木々に水まきする生徒たちの姿。安心・安全な水インフラが整った日常を支えているのがクボタの水環境ソリューションだと気づくというストーリーとなっている。

雨として地表に降り注いだ水は、浄水場を通して人々の生活で使われ、下水処理場を経て再び自然へと還る。こうした水循環のさまざまな箇所でクボタの技術は活躍しており、水インフラ機器だけでなく、施設・設備の設計から調達、施工、運営、維持管理まで一貫して提供している。

クボタは、1958年に日本企業として戦後初となる海外での上水道工事をカンボジアの首都・プノンペン市で受注・竣工して以来、60年以上に亘って世界各国で水環境ソリューションの提供に取り組んできた。

現在、プノンペン市では24時間給水が実現され、水道普及率は90%にまで達している一方、地方の小規模都市や新興都市では急速な都市化に対して水供給体制が追い付いておらず、安全な飲料水へのアクセス率や給水サービスの向上が求められている。

カンボジア政府が2025年に都市部での安全な飲料水へのアクセス率を100%にする目標を掲げるなか、クボタは2019年に複数の企業で構成するコンソーシアムで、カンボジア北部のコンポントム州における上水道拡張計画を受注。日本のODA(政府開発援助)事業で、水道施設の設計から調達、施工、運営・維持管理まで一括で担うのは日本企業のコンソーシアムでは初めての取り組みとなった。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る