Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

機能性表示食品「ギャバへちま」を開発 17日に発売 農研機構2021年6月18日

一覧へ

農研機構、琉球大学、沖縄県農業研究センター、株式会社サンエーの4者は、生鮮の食用へちまを真空パックすることで、食用へちまに含まれるGABAを安定的に増加させる方法を開発。「ギャバへちま」はサンエーが6月17日、機能性表示食品として発売した。

高めの血圧を低下させるGABAを含む「ギャバへちま」高めの血圧を低下させるGABAを含む「ギャバへちま」

農研機構など4者は、農林水産省委託プロジェクト「地域の農林水産物・食品の機能性発掘のための研究開発」で、真空パックにすることで、沖縄野菜の食用へちまに含まれるGABAを安定的に増加させる方法を開発した。この方法を用いた「ギャバへちま」を、農研機構が公開するシステマティックレビューを科学的根拠に、JAおきなわグループの株式会社農協直販が機能性表示食品として消費者庁に届出を提出。3月25日に受理され、生鮮食品の区分の機能性表示食品として消費者庁HPで公表された。

GABAは高めの血圧を低下させる機能がある成分で、「ギャバへちま」を200g(約1個)食べると一日摂取目安量を摂取できる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る