コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島 賢】

2016.05.23 
野党は参院選で統一候補ブームを起こせ一覧へ

 参議院選挙が2か月後に迫った。
 勝敗に大きく影響する1人区は32あるが、先週末の時点でみると、野党は29の選挙区で統一候補を立てることを決めたようだ。マスコミは、全ての1人区で野党が統一候補を立てるめどが立った、と伝えている(昨日の「朝日」)。
 政治の活性化のために歓迎したい。
 これまで、1人区に野党候補が2人以上立候補し、共倒れになることが多かった。しかし、統一候補になれば共倒れはなくなり、野党の当選者が増える。
 いったい、どれほど増えるか。

野党は参院選で統一候補ブームを起こせ

 上の表は、過去3回の参院選の結果をみたものである。いまの1人区である34県、32選挙区で、非自・公の候補者がどれ程の得票を得たか、を割合で示した。
 この表で、最も新しい2013年の選挙の投票結果をみると、非自・公、つまり野党候補者の得票率が合計して50%を超えた選挙区は10区だった。
 この時に自・公の候補者に投票した有権者は、こんども自・公の候補者に投票し、非自・公の候補者に投票した有権者は、こんどは野党統一候補者に投票すると仮定すれば、どうなるか。野党の統一候補者の当選者は10人になる。残りの22人は自・公の当選者になる。
 野党にとって、これでは不満足だろう。満足するには、統一候補を立てるだけではだめだ。それは、出発点にすぎない。野党ブームを起こさねばならない。1+1を3にも4にもしなければならない。

 同じようにして、2010年の選挙の得票結果で考えると、非自・公の当選者は19、自・公の当選者は13人になる。現在の与野党が逆転する。
 それでも満足できないというなら、2007年のような場合を目ざすことになる。この場合は、非自・公が29人で、自・公がわずか3人になる。非自・公の圧勝になる。これは、現在の野党である非自・公にとって、夢に近い結果だろう。
 だが、実現不可能な夢ではない。2007年のような野党ブームを起こせば実現する。

 ブームが起きるかどうか。それは、今後の野党の政治活動の如何にかかっている。その条件はそろっている。
 与野党の間で対立している問題は、山ほどある。TPPの国会批准阻止、安保法の廃棄、来年4月の消費増税反対、原発問題、沖縄問題...。
 これらの問題をとらえ、国民の広い支持を得れば、ブームは引き起こせる。それができれば、野党の圧勝は充分に可能だろう。

 農村部に多い1人区からは、TPP批准阻止などの反自・公の声が、そして都市部に多い複数区からは、安保法廃止などの反自・公の声が大きく響けば、比例区を含めて、野党の圧勝は間違いない。
 その結果、1党多弱による澱んだ日本の政治を活性化できる。それを2か月後の参院選に期待したい。
(2016.05.23)

(前回 「攻めの農政」に黄信号

(前々回 わが村は理想社会に最も近い

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ