米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.02.28 
29年産米の1等比率 82.3%-1月31日現在一覧へ

 農林水産省は1月31日現在の29年産米検査結果を2月26日に公表した。

 1等比率は82.3%となった。12月末現在は82.4%だった。
 同時期の1等比率は28年産=83.4%、27年産=82.5%、26年産=81.3%、25年産=79.2%となっている。
 2等以下に格付けされたおもな理由は「充実度」24.4%、「整粒不足」21.5%、「心白及び腹白」21.0%、「着色粒(カメムシ類)」18.6%となっている。
 水稲うるち玄米の検査数量は416万2000tで12月末にくらべて10万t増加した。この数量は28年産検査数量492万8000tの84.5%に相当する。
 飼料用もみの検査数量は6万8000t、飼料用玄米は39万4000tとなった。

 

(関連記事)
新潟コシ 先物市場でストップ高(18.02.20)
政府備蓄米11万t落札 買入れ予定は20万t(18.02.15)
おにぎり1個の生産コスト 1円上昇で1800万円減収(18.02.13)
酒造好適米 29年産は前年比4%減の見込み(18.02.07)
パックご飯は輸出目玉商品になるか?(18.02.06)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ