農政 ニュース詳細

2018.02.15 
政府備蓄米11万t落札 買入れ予定は20万t一覧へ

 農林水産省は2月14日、30年産備蓄米の第2回政府買入入札結果を公表した。第2回入札では9万7000tが落札した。

 30年産の政府備蓄買入れ予定数量は20万t。1月の第1回入札では約1万5000tの落札数量にとどまったため、今回の提示数量は残る18万4485tとした。これに対する落札数量は9万7736tで落札率は53%だった。
 入札参加資格者数は120だが、第2回の入札者数は37にとどまった。買入れ予定数量の多い産地でも30年産については消極的な対応となっている。買入れ予定数量の優先枠が1万7000tともっとも多い秋田は6000t残した。同1万5000tの新潟県も3000t、同3600tの岩手県も225tの落札数量で3400t残した。
 第1回と合わせた合計落札数量は11万3251tとなった。第3回入札は残る8万6000tを提示数量として2月27日に実施される。優先枠はなくなり枠の残りは全量を一般枠にとして入札される。

 

(関連記事)
備蓄米の政府買入れ 入札低調-30年産第1回(18.01.29)
米の需給 不安感解消を-全米販が農相要請(17.12.05)
【JAいわて花巻】「地域ぐるみ農業」実現へ(前編)(17.10.19)
3年連続で過剰作付け解消-29年産米(17.10.02)
【米生産・流通最前線2017】木徳神糧(株) 三澤専務に聞く 29年産米の概算金と流通(17.09.22)
【JA全農米穀事業部】多様な集荷対応の強化 目標310万トン確保-29年産米生産・集荷・販売基本方針(17.03.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ