ブックガイド 詳細

アベノミクスの真相一覧へ

アベノミクスの真相

  • ●著者:浜矩子 / 同志社大学大学院ビジネス研究科教授
  • ●発行所:中経出版
  • ●発行日:2013年5月29日
  • ●定価:本体1000円+税
  • ●電話:03-3262-0371
  • ◎評者:小針美和 / (株)農林中金総合研究所主事研究員

 著者の浜矩子氏は、いわゆる"アベノミクス"を批判する代表的なエコノミストである。本書でも、第一の矢である金融政策については「資産インフレ」と「実物デフレ」の同時進行をもたらし、ますます経済運営が難しくなること、また、第二の矢「機動的な財政政策」、第三の矢「成長戦略」についても、実態は戦後の高度経済成長時代への回帰に過ぎず、時代錯誤であると痛烈に批判している。

「地域」の存在感が高まる

 そして、既に富が蓄積され成熟社会にある日本では、むやみに「成長」を追い求めるのではなく「成長・競争・分配」のバランスを意識し、政策の力点は「分配」に置かれるべきと主張する。やや表現が過激な感もあるが、そのポイントを23の項目に分けて段階的に説明しており、初心者にも読みやすく分かりやすい内容となっている。著者の基本的な考え方は、グローバル経済の進行によりヒト・モノ・カネが容易に国境を越え、国民国家の中央政府の効力が希薄化するもとでは、[1]人々の生活と活動の軸として地域社会・地域共同体が存在感を強めていくこと、[2]国家や政策のあり方は集権的管理ではなく「協調的分権」が重要であること、すなわち「地球の時代は地域の時代」(103ページ)ということにある。
 地域を基盤とする農協にとって大変示唆に富む主張であるが、残念ながら本書では具体的な解決法は記されていない。むしろ、その解は実践のなかにあり、政策の「真相」を理解した上で現場は何をなすべきか、地域の力が改めて問われていると感じられた。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ