人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

【コラム・目明き千人】アベノミクスは農業を蚕食している2015年7月30日

一覧へ

【原田 康】

 蚕食とは、広辞苑によると「蚕が桑の葉を食うように、片端から次第に他国又は他人の領域を侵略すること」とある。蚕も1、2匹が桑の葉を食べているときは静かであるが、何百匹が一斉に食べるとザワザワと騒がしい。

 アベノミクスの3本の矢を射るのに、過疎で高齢者の多い農村よりも都会の若者の票が大切だ。先ず、農協の骨抜きとして全中に焦点を当てて反対勢力をつぶした。TPPの反対が腰砕けで早速効果が出た。
 次は農地だ。農業への株式会社の参入により農地が農家以外にも取得できる道を開いた。
これでは足りないので休耕地に宅地並みの税金をかけることで農家が農地を手放す方法をとることにした。これらに加えて株式や信託の投資のマネーゲームと材料が揃った。土地転がしの不動産バブルの"夢よもう一度"がかなう。業界は待ってましたと大歓迎だ。
 第三の矢、成長戦略の重点政策は日本の農産物の輸出拡大である。世界の金持ちをターゲットに輸出の拡大だ。品質と価格は国際競争で負けないよう農家の努力でやってくれ。最新の企業経営の手法を農業に取り入れれば可能のはずだ。出来なければ近代的な感覚の経営者に席を明け渡してくれ。政府は舞台の袖で太鼓をたたき、ドッコイショ、ドッコイショの賑やかなお囃子を受け持つ。
 一方で、アメリカのコメ、牛肉、豚肉、乳製品の日本向けの輸出の拡大はTPP妥結のための日米両国の政府間交渉で枠の拡大、関税の引き下げを具体的に数値目標、期限を決めて実施することが合意される。TPPではアメリカ以外の国も行列をして順番待ちだ。
 自民党、安倍政権の成長戦略である農産物の輸出の拡大は、何処の国の農産物のことかを確かめた方がよさそうだ。
 政府・与党が衆議院で強行採決をした安全保障関連法案で、よほど注意をしないと見落とすが欄外に小さな字で「食料の安全保障」の項があり、平常時から切れ目のないアメリカからの農産物の輸入の拡大がある。自衛隊を出さなくても出来るので憲法には違反をしない。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る