コラム 詳細

コラム:JCA週報

2019.10.07 
【JCA週報】シンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在」を開催一覧へ

 「JCA週報」は、日本協同組合連携機構(JCA)が、各都道府県での協同組合間連携の事例や連携・SDGsの勉強会などの内容、そして協同組合研究誌「にじ」に掲載された内容紹介や抜粋などの情報を、協同組合について考える資料として発信するコーナーです。
 今回は、シンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在」の報告です。

シンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在」

colu1910070401.jpg

 9月21日・22日、シンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在」を開催しました。
JCAでは、「プラットフォーム協同組合主義」(Platform Cooperativism)の提唱者であるトレバー・ショルツ氏(博士、教授、米国ニュースクール大学「協同組合デジタル経済研究所」所長)の来日にあわせ、東京大学大学院情報学環・水越伸教授の研究室と協力し、東京大学本郷キャンパスにて、2日間にわたるシンポジウム「プラットフォーム協同組合主義の現在」を開催しました。
 1日目の「プラットフォーム協同組合主義とはなにか?~デジタル経済における協同組合の可能性を探る~」は、約120名が参加しました。
 ショルツ氏は基調講演で、雇用問題や利益の独占など、世界で進むデジタル経済の負の側面を指摘するとともに、その代替案としてのプラットフォーム協同組合主義の特長や各国での実践事例について報告しました。さらに、プラットフォーム協同組合主義を世界に広げることが必要とし、そのための資金やガバナンス等の課題についても指摘しました。
会場から、民主制やメンバーシップ制を持つ協同組合とイノベーションとの関係、プラットフォーム利用との関係などについて質問が出されました。
 パネルディスカッションでは、コープこうべの浜地氏より、コープこうべにおける「たすけあいのプラットフォーム」をめざす取り組み事例について報告があり、それを受けて、プラットフォーム協同組合主義の意義や可能性について意見交換しました。
(略)

(以下 略)
日本協同組合連携機構(JCA) ウェブサイトより


本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。
コラム一覧【JCA週報】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ