コラム 詳細

コラム:正義派の農政論

【森島賢】

2020.03.09 
【森島 賢・正義派の農政論】新型肺炎の反国民的隠蔽一覧へ

 新型肺炎が猖獗を極めている。しかし安倍晋三政府は、その実態を隠蔽しようとしている。隠蔽は、モリカケ問題や桜問題でみられるように、この政府の得意技である。
 こんどの新型肺炎問題でも、蔓延の実態を隠蔽しようとしている。それだけなら、まだしも、隠蔽すべき実態を、政府自身が直視しようとしていない。
 これでは、科学に基づく対策など立てようがない。肺炎は科学の法則にしたがって、容赦なく蔓延を続けるだろう。その犠牲になって、苦しみを受けるのは国民である。ことに弱者である。
 政府は、隠蔽することで、弱者を犠牲にして、何を求めているのか。

 かつて、吉田 茂首相から農相になることを懇請された、日本の農業経済学の創始者ともいうべき東畑精一先生が、中医協の会長を兼任していたころである。先生は「先進国ほど病人が多い」と言われたことがある。お得意の逆説で、解説は不用だろう。

 新型肺炎の感染者が多いことは恥ずべきことではない。自慢できることでもないが、恥じて隠蔽すべきことではない。恥ずべきことは、実態を隠蔽することで、科学的な対策を立てられないし、実行できないことである。そうして、弱者に犠牲を強いていることである。

 政府は、感染しているか否かの検査さえ拒否している。政府は、医師が必要と判断しても、多くのばあい拒否している。そうすれば、感染者数を少なく見せかけることができて、政府にとって好都合だからである。

 最近になって、医師が判断すれば、保健で検査できることにしたが、医師の判断を拒否できる体制は続けている。そうして、実際の感染者を隠蔽し、政府公認の感染者と認めないで、実際の感染者数よりも少ない公認の感染者数を公表している。

 医師は検査を拒否されれば、治療の方法が分からなくなる。国民は科学的な治療が受けられず、感染者が増え続ける。そうして、感染元になって家族や周囲の人たちに感染し続け、感染者数がさらに増え続ける。つまり、弱者の犠牲が増え続ける。

 政府の言い訳は、こうだ。
 医師の判断どおり検査できるほどに、多くの施設がない、という。そうなら新しい検査施設を作ればいい。

 また、感染者と分かっても入院できるほどに、多くの病院がないという。そうなら新しい病院をつくればいい。

 このように、感染の疑いがあると医師が判断しているのに検査できないし、感染していると分かっても入院できず、感染元になって、自宅で家族や周囲の人たちに感染させているのが実態である。

 これは、文字通りの医療崩壊である。

 政府は、この医療崩壊に対する危機感がない。だから新しい検査施設を作ろうとしないし、新しい病院を作ろうともしないで、医療崩壊を放置している。

 一部の国会議員は、病院船を作ることを提案している。1000人を収容する病院船の建造費は一隻で250億円という。これは、どれほどの金額か。

 昨年、政府がトランプ大統領に購入を約束した147機の戦闘機は1機で110億円という。だから、それを止めれば戦闘機2.3機で病院船を1隻作れる。147機の購入を全部止めれば65隻の病院船を作れる。いまある船を病院船に改造するのなら、短期間で、もっと多くの病院船を作れるだろう。

 また、新しい病院の建築費は300床の病院で1棟60億円というから、戦闘機1機で2棟作れる。147機の購入を全部止めれば270棟の病院を建てられる。

 政府が、これまでの隠蔽と無策を反省するのなら、そして、無策によって病苦に苛まれている感染者の心を癒すのなら、クルーズ船のような、また、リゾートホテルのような、豪華な仕様で病院船や隔離船や病院を作るのもいいだろう。

 ここで言いたいことは、必要以上に膨大な量の検査施設や病院を作れ、ということではない。

 以上のように、感染者数を少なく見せる理由は、施設がないことではない。医療崩壊の事実を隠蔽したいからである。だが、それは不可能だ、と知るべきである。

 いまの医療崩壊の現状を放置すれば、近いうちに安倍政権も崩壊するだろう。

 感染者数を少なく見せかける真の理由は、政府が政権を失いたくないからである。そのために、弱者を犠牲にしている。

 実際の感染者数が分かれば、膨大な数になり、オリンピック・パラリンピックが開催できなくなるだろう。

 それだけではない。日本は世界の各国と、ヒト、モノ、したがってカネの交流ができなくなる。その結果、昨年秋の消費増税と重なって、日本経済は深刻な不況に陥るだろう。

 あるいは、新型肺炎を原因にする世界同時不況になり、日本は、そこで大きな役割を果たし、世界の顰蹙をかうだろう。

 そうなれば、安倍政権は立ち往生するしかない。だが、政権の崩壊を回避したい、と考えている。これが、弱者を犠牲にして、新型肺炎の拡大の実態を隠蔽する真の理由である。

 今からでも遅くない。政府は、その近くにいる無批判で忖度の上手な専門家を、政府報道官のように利用するのではなく、真の専門家の協力のもとで実態を直視し、事実に基づいた科学の方法で対策を練り直して新型肺炎を克服し、手厚い医療体制のもとで、多くの弱者を病苦から解放しなければならない。

(2020.03.09)


(前回  野党の新型肺炎対策が見えない

(前々回 新型肺炎が招く医療崩壊の危機


(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ