人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

シンとんぼ(85)食の安全とは(43)肥料・飼料等2024年3月16日

一覧へ

令和3年5月12日に公表された「みどりの食料システム戦略」をきっかけに始まったシンとんぼは、前回から内閣府の食品安全員会が継続して実施している食品安全モニターに対する意識調査結果をもとに、食の安全に対する意識の変化を探っている。調査には15個(2022年度)の“食品の安全性の観点から感じるハザード(不安要因)”みついて、モニターの方が不安を感じるかどうかをハザードごとに調査した結果が示されている。前回までに2004年の8個の調査項目を紹介したが、2007年の調査では、これらに「ゲノム編集食品」、「器具・容器包装からの溶出化学物質」、「肥料・飼料等」の3つが加わった。これらは、2004年以降に発生した新たな事件(?)の発生に伴い、新たなハザードとして認識されたものだ。今回は「肥料・飼料等」を紹介する。

このハザードは、追加された2007年に5.0%を示したものが5年後の2012年には7.8%、さらに5年後の2017年に3.2%、直近の2022年でも6.1%と、5%前後の数値になっている。

「肥料・飼料等」は直接人間が口にするわけではないので、なぜ食の安全が気になるのであろうか? それは、肉骨粉などの動物蛋白が作物の生育を促す優秀なタンパク源として肥料や飼料に使用されていたからである。肉骨粉は、牛などの脳脊髄組織を乾燥・粉砕して製造し、BSE発生の前までは、肥料として畑に散布したり、貴重なタンパク源として家畜飼料の中に混ぜて肥育効率を上げたりするために使用されていた。

ところが、BSE(牛海綿状脳症)を引き起こす原因である異常タンパク質(プリオン)が牛の脳脊椎組織にあることが判明したことから事態が一変することになる。なぜなら、有機質肥料や飼料の中には、牛の脳脊髄組織そのものである骨粉を原料に含むものが多かったためである。

このため、肉骨粉を含む肥料を経由して人間が異常プリオンを摂取することになる可能性や、飼料を通じてBSE罹患畜が拡大し、異常プリオンが人に感染する機会が増えるのではないかとの懸念があり、肉骨粉の使用が全面的に中止された、特に肥料としては、肉骨粉が安価で優秀な有機質肥料であったため、農業生産に大きな影響を与えた。

食の安全を優先するためには疑わしきものは罰する方式もある意味必要だとは思うが、もし安全である裏付けが整った際には速やかに軌道修正するような柔軟性も必要だと思うのがいかがだろうか?

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る