金融・共済 ニュース詳細

2013.08.01 
特例融資136億円に 公庫の飼料価格高騰対策一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は、平成25年1月から、配合飼料価格高騰の影響を受けた畜産業を営む人を対象に、農林漁業セーフティネット資金(SN資金)の特例融資の取り扱いを開始し、6月末までに136億円の融資を行った。

 この資金は、実質的に担保・保証人が不要で、農業所得が総所得の過半を占めているか、農業粗収益が200万円以上(法人は1000万円以上)の人が対象。特例融資は年間経営費の6/12以内(通常は3/12)。
 融資額の内訳は、肉用牛が47億円で最も多く、次いで養豚の33億円、採卵鶏が21億円と続く。一件当たりの融資金額は採卵鶏が3500万円、養豚が3400万円、肉用牛が2900万円、酪農が1100万円だった。


(関連記事)

公庫、大雨被害の特別相談窓口設置(2013.07.31)

・イオン銀行と日本公庫、農林水産業で業務協力(2013.07.09)

飼料メーカー支援など総額101億円 緊急対策(2013.06.27)

配合飼料供給価格、1300円値上げ JA全農(2013.06.21)

畜産農家向け特例融資1月スタート  政策金融公庫(2012.12.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ