左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

特例融資136億円に 公庫の飼料価格高騰対策2013年8月1日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は、平成25年1月から、配合飼料価格高騰の影響を受けた畜産業を営む人を対象に、農林漁業セーフティネット資金(SN資金)の特例融資の取り扱いを開始し、6月末までに136億円の融資を行った。

 この資金は、実質的に担保・保証人が不要で、農業所得が総所得の過半を占めているか、農業粗収益が200万円以上(法人は1000万円以上)の人が対象。特例融資は年間経営費の6/12以内(通常は3/12)。
 融資額の内訳は、肉用牛が47億円で最も多く、次いで養豚の33億円、採卵鶏が21億円と続く。一件当たりの融資金額は採卵鶏が3500万円、養豚が3400万円、肉用牛が2900万円、酪農が1100万円だった。


(関連記事)

公庫、大雨被害の特別相談窓口設置(2013.07.31)

・イオン銀行と日本公庫、農林水産業で業務協力(2013.07.09)

飼料メーカー支援など総額101億円 緊急対策(2013.06.27)

配合飼料供給価格、1300円値上げ JA全農(2013.06.21)

畜産農家向け特例融資1月スタート  政策金融公庫(2012.12.19)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る