左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

十勝農協連など5件に助成 みらい基金2018年12月19日

一覧へ

 農業や林業、水産部門で新しい事業に挑戦する法人に助成金を出す「農林水産業みらいプロジェクト」の平成30年度助成対象が決まった。農林中央金庫が拠出する「農林水産業みらい基金」の事業で、全国各地90件の応募の中から5件が選ばれた。

 農林水産業みらい基金はJA、JF、JForestグループの一員の農林中金から200億円の基金拠出を受け4年前に設立された。農林水産業と食と地域のくらしへの貢献に向けて、創意工夫にあふれた取り組みにチャレンジする農林水産業者を後押しする。助成金は返済の必要はない。特に地域への波及力のあるモデル的な事業に期待し、助成する。
 今年は6月から7月にかけ一般公募があり、合計90件の中から5件が選ばれた。助成金の総額は7億4442万円。
 十勝農協連(北海道帯広市)は、既存の営農支援情報システムをより高度化させ、同会内外で蓄積されたデータを活用しつつ、生産現場での課題解決を図る取組みが認められた。具体的には生産者が害虫・病変画像をスマートフォンで撮影、送信しAIが病害虫を判定。そこで適切な対応が取れ、マッピングシステムと連携し病害虫発生地点を情報公開することで地域全体への注意喚起も可能になった。
 また、JAびえい(北海道美瑛町)は、町内3km四方ごとに気象情報収集センサーを配置し、リアルタイムで管内生産者に情報発信することで、収穫適期の把握、各種管理作業の判断、気象予測や防災への活用等を通じ農業生産性の向上を図る取組みが認定された。
 このほか決定した助成先とテーマは次の通り。
▽萩アグリ(株)「"萩市東部地域"みらい活性化プロジェクト」▽(一社)天川村フォレストパワー協議会「木の恵みと生きる陀羅尼助の郷、天川村の豊かな未来 」▽魚津漁協「地域力で構築する広域的連携による自立型セーフティネット」

 

(関連記事)
豊穣の秋を祝い「アグリフェスタ」開催 JAながの(17.10.18)
河野 良雄 氏(農林中央金庫 代表理事理事長)(15.01.01)
JAえちご上越など6件に助成 みらい基金(14.12.12)
農林水産業みらい基金を設立 農林中央金庫(14.03.26)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る