想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「7才児」を交通事故から守る施策を展開 こくみん共済 coop2020年9月28日

一覧へ

こくみん共済 coopは9月14日から17日にかけて、「7才の交通安全プロジェクト」活動の一環として、金沢大学との共同研究として子どもたちを交通事故から守るための交通安全教材、デジタル標識の開発と実験を実施した。

「7才の交通安全マップ」を使った授業の様子「7才の交通安全マップ」を使った授業の様子

小学校にあがり行動範囲が広がる7才児は、大人よりも目線が低い上、まだ注意力が充分に育まれていないため、他の年齢に比べて突出して交通事故に遭いやすいというデータがある。こくみん共済 coopはこのデータに着目し、子どもたちを交通事故から守るために「7才の交通安全プロジェクト」に取り組んでいる。

今回の開発と実験は、金沢大学理工研究域地球社会基盤学系の藤生慎准教授と、金沢大学附属幼稚園の協力のもと実施。2019年11月に金沢大学附属幼稚園園長ヒアリング調査「小学校低学年児童の交通安全に関する基礎的研究」を実施したところ、「交通の専門家や親だけでなく幼児教育の専門家による交通安全教育が必要」といった結果を得た。これを踏まえ、交通安全教材の開発に取り組み、園児と保護者の意見を反映しながら、クイズ形式で楽しく交通安全ルールを学ぶことができる「7才の交通安全マップ」を開発した。

実験では、このマップを使い、9月17日に金沢大学附属小学校の1年生の3クラスで、交通安全授業を実施。授業の結果、交通安全マップを使った教育の有無で、子どもたちの「交通安全について考えることの大切さ」の理解度に30%以上の差が出ることが明らかになった。

「7才の交通安全マップ」は今後、より多くの子どもたちの交通安全教育に役立てるため、先行して石川県の小学校204校の1年生に配布し、その後、富山県と福井県の小学1年生にも配布を行う予定。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る