人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

契約実行高、当期純利益で過去最高を更新 2024年3月期決算 JA三井リース2024年5月17日

一覧へ

JA三井リース株式会社は、5月16日、第16期(2024年3月期)決算発表会を同社本社にて開催した。売上高は、前期比8.9%増の5478億円、経常利益は、前期比34.5%増の395億円となり3期連続での増収増益となった。

登壇した田中嘉典常務執行役員は、契約実行高は前期比13.3%増の1兆934億円、当期純利益が前期比26.6%増の265億円となりともに過去最高を更新したと報告した。外貨金利の上昇などにより資金原価は増加したが、不動産や再生エネルギー、データセンターなどの売上利益が好調で、当期純利益は過去最高益を更新。なお、2025年3月期の当期純利益は300億円を見込む。

また同社は、ステークホルダーとの連携やサステナビリティ経営の本格化を目指す、中期経営計画「Real Change 2025」についても説明。同社、農林中金、大磯町と3社での定置網事業での官民一体支援や、JA全農ミートフーズなど全国のJA及び全農グループ企業の11法人とPPA(電力販売契約)を締結し、JA及び全農グループの再生可能エネルギーの利用拡大に貢献していることなどを説明した。

◎関連記事

大磯二宮漁協が定置網漁業を開始 大磯町、JA三井リース、農林中金が官民一体で支援

JA全農ミートフーズとPPA締結 JA三井エナジーソリューションズなど

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る