左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

飼料用米多収 日本一表彰へ2016年3月17日

一覧へ

 一般社団法人日本飼料用米振興協会は農林水産省と共同で、全国の農業生産者を対象とした多収性飼料用米の生産収量日本一を表彰する事業を行う。

 飼料用米生産農家の技術水準の向上を推進するため、多収を実現している先進的で模範となる経営体を表彰し、その成果を広く紹介する。
 対象は全国の飼料用米に取り組む経営体とし応募を受けて審査を行い、28年産飼料用米の10aあたり収量が優れた経営体を表彰する。
 4月上旬に実施要領を公表し5月上旬に応募開始。応募締め切りは6月末。来年の2月から3月に審査と表彰を行う。
 森山農相は3月15日の会見で「飼料用米の本作化にあたっては多収をはじめとする生産性を高める取り組みが現場に定着し、農業者のみなさんが安定した収益を確保できるようにする必要がある。多収の取り組みをさらに推進する具体策として全国で競うコンテストを開催し農林水産大臣賞を交付することとした。現場の生産意欲の向上につながることを期待している」と述べた。
 

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る