米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.03.17 
飼料用米多収 日本一表彰へ一覧へ

 一般社団法人日本飼料用米振興協会は農林水産省と共同で、全国の農業生産者を対象とした多収性飼料用米の生産収量日本一を表彰する事業を行う。

 飼料用米生産農家の技術水準の向上を推進するため、多収を実現している先進的で模範となる経営体を表彰し、その成果を広く紹介する。
 対象は全国の飼料用米に取り組む経営体とし応募を受けて審査を行い、28年産飼料用米の10aあたり収量が優れた経営体を表彰する。
 4月上旬に実施要領を公表し5月上旬に応募開始。応募締め切りは6月末。来年の2月から3月に審査と表彰を行う。
 森山農相は3月15日の会見で「飼料用米の本作化にあたっては多収をはじめとする生産性を高める取り組みが現場に定着し、農業者のみなさんが安定した収益を確保できるようにする必要がある。多収の取り組みをさらに推進する具体策として全国で競うコンテストを開催し農林水産大臣賞を交付することとした。現場の生産意欲の向上につながることを期待している」と述べた。
 

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ