米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.09.17 
ギャバミルに「カープモデル」新登場―限定500台発売開始 一覧へ

 サタケ(広島県東広島市)は、ギャバを生成できる家庭用精米機「ギャバミル」の広島東洋カープとコラボしたデザインした「カープモデル」を数量限定で発売した。

家庭用精米機「ギャバミル」の「カープモデル」 「ギャバミル」は、世界初のギャバ生成可能な家庭用精米機として2015年に発売。サタケと広島東洋カープが初めてコラボした今回のモデルは、カープのキャラクター「カープ坊や」などをあしらったデザインで500台限定で販売する。

(写真)家庭用精米機「ギャバミル」の「カープモデル」

 ギャバは人の体内にも存在する天然のアミノ酸の一種で、体内で主に抑制系の神経伝達物質として働き、脳内の血流の活性化や脳細胞の代謝機能の向上、血圧の正常化などの役割を果たす。

 「カープモデル」の外観寸法や機能、性能などは従来の「ギャバミル」と同じ。サタケオンラインショップや豊栄くらすなどサタケ直営3店舗で販売する。問合せは、お客様サポートセンター(Tel)0120-049-117。

「カープモデル」の操作パネル

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ