Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

木村理事長の続投決まる 全国米販事業共済協同組合が令和2年度通常総会2020年8月3日

一覧へ

全国米穀販売事業共済協同組合がこのほど開催した令和2年度通常総会で、木村良理事長の続投が決まった。負債および純資産の合計123億3842万7967円だったとする第21期決算報告も了承された。

木村良理事長木村良理事長

新型コロナウイルスの影響でリモート開催が避けられなかった総会の冒頭、木村理事長は、「年に一度の組合員が一堂に会する機会を失たことは非常に残念」と述べたうえ、「米」を取り巻く状況が一段と厳しさを増していることへの危機感をにじませた。1930年代の世界大恐慌以来ともいわれる景気後退が米販業界にも直撃していることを嘆いたもので、「環境が一変した」と語った。

感染拡大当初は「巣ごもり需要」の影響で家庭用需要に一時的な高まりがみられたが、その後の外出自粛などで中外食等の業務用需要は一気に減退。元年産米の消化が遅れ、市場価格も急落し、6月末の民間在庫は当初計画を大幅に上回る200万トン超が見込まれている。

一方、令和2年産米の主食用作付面積は前年並みとなりそうで、国も生産量で20万トンほど上回るとの見通しに立っている。

木村理事長は、物流合理化や一部組合員が取り組みを開始している精米年月日表示の旬別表示への切り替え、さらに精米JASなど今後議論が進んでいく政策的課題が提起されている点を指摘しながら、「我々としても、取り扱う商品に大きく関わる問題として対応していかなければならない」などと述べた。

すでにコロナ第2波は到来し、第3波到来の危惧すら強まっている現在、需給環境の変化や諸制度の見直しなどを念頭に、「令和2年はターニングポイントになると考える」と木村理事長は発言。組合員とともに全米販として汗を流す決意を明らかにした。

この日了承された第21期の決算は、売上高61億7596万3633円、事業総利益4億7075万5368円、経常利益1458万4312円で、負債および純資産の合計は123億3842万7967円。

なお、全米販はじめ多くの組合員が出資する日本コメ市場(株)と、全米販の100%子会社である(株)クリスタルライスの米取引事業の統合に向けた検討を進めていくことについても、この日の総会で報告された。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る