第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬使用量を抑えた「スマート米2023」新米を販売開始 オプティム2022年11月18日

一覧へ

オプティムは、「スマート農業アライアンス」の取り組みの一つである、「スマートアグリフードプロジェクト」の成果として、「スマート米2023」(2022年度産新米)を収穫。スマート米は、オプティムが運営するオンラインストア「スマートアグリフードをはじめ、「Amazon」、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」など販売サイトや卸業者向けに販売する。

農薬使用量を抑えた「スマート米2023」新米を販売開始 オプティム

「スマート米2023」は、AI・IoT・ドローンを活用したスマート農業ソリューションを用いて栽培された、"あんしん・安全"な米。新たに山形県「はえぬき」をラインナップに追加し、「残留農薬不検出」の減農薬ブランド商品を例年以上に拡充した。

今シーズンは、生産資材高騰に伴い生産者の栽培コストが増加する懸念から、オプティムのピンポイント農薬散布/施肥テクノロジーを中心としたAI解析やドローン技術を採用。生育状態に応じた適正な営農支援を中心に、農薬と肥料を削減しながら品質向上を試みた。

具体的には契約ほ場の空撮により、ほ場ごとの雑草繁茂状況と稲の生育状況を解析し、農薬散布や追肥判断や生育阻害要因を特定。こうした取り組みにより、営農・生産体制の安定化を図り、スマート米を通して地域の持続可能な生産体制構築をめざした。また、農薬削減の取り組みについては、解析手法を改善したことで精度が向上し、データに基づいた施肥・農薬散布することで拡大した。

◎「スマート米2023」ラインナップ

品種:新潟県産「ミルキークイーン」
販売開始時期:11月中旬予定

品種:新潟県産「にじのきらめき」
販売開始時期:11月中旬予定

品種:新潟県産「こしいぶき」
販売開始時期:10月中旬

品種:兵庫県産「コシヒカリ」
販売開始時期:11月中旬予定

品種:福島県産「天のつぶ」
販売開始時期:11月中旬予定

品種:青森県産「まっしぐら」
販売開始時期:11月下旬予定

品種:青森県産「つがるロマン」
販売開始時期:11月下旬予定

品種:石川県産「コシヒカリ」
販売開始時期:11月中旬予定

品種:石川県産「ひゃくまん穀」
販売開始時期:11月中旬予定

品種:宮城県産「ひとめぼれ」
販売開始時期:11月中旬予定

品種:山形県産「はえぬき」
販売開始時期:11月下旬予定

【スマートアグリフード】

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る