左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
JA全中中央①PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

宮城県の23年産米の仮渡金(概算金) 1200円増で2年連続の引き上げ2023年9月8日

一覧へ

JA全農みやぎは、2023年産米の主力銘柄の仮渡金(概算金)を玄米60㎏当たり1200円引き上げることを決めた。

宮城県の仮渡金(玄米60kg当たり)宮城県の仮渡金(玄米60kg当たり)

主力銘柄の仮渡金(カッコ内は前年差)は、「ひとめぼれ」が1万2000円(+1200円)、「ササニシキ」が1万2300円(+1200円)、ブランド米の「だて正夢(基準品)」が1万3200円(+1200円)となり、いずれも上げ幅は1200円で2年連続の引き上げとなる。

今回の仮渡金の引き上げについて、JA全農みやぎの米穀担当者は「農水省は来年6月末民間在庫は184万tと、前年よりも圧縮されると公表した。生産コストの上昇をふまえた持続可能な生産者手取り水準を目指し、概算金は需給改善をふまえ、また、消費者の節約志向とのバランスをとったもの」と説明。ただ、コロナ禍前の2019(令和元)年の「ひとめぼれ」は1万3300円だったことから、今の生産者の経営状況からすると「(金額は)回復しつつあるが、まだまだ足らない」と指摘した。

農水省から発表された8月15日現在の作柄概況では、田植以降、おおむね高温・多照で推移し、出穂期までの天候に恵まれたため、宮城県内全地区は「やや良」と見込まれている。23年産米は高温傾向が長く続き、刈取は例年よりも1週間から10日早く始まったが、その後は長雨で収穫作業ができないなど、天候に大きく左右されている。東北地方は、冷たい親潮の上を吹いてくる北東の風「山背(やませ)」の影響で、冷害に悩まされてきた経緯があり、低温に強い品種を育種してきた。地球温暖化(沸騰化)の時代に対応した、「高温耐性品種への取組はこれから」という。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る