人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

米の民間在庫 180万t 4月末 過去7年で最低2024年6月5日

一覧へ

農林水産省がまとめた4月末時点の米の民間在庫量は、出荷・販売段階の合計で180万tと対前年同月比で▲39万tとなっている。

4月末時点で全国の民間在庫量が200万tを下回るのは5年ぶり。需要見通し681万tに対する在庫率は26.4%で2019年4月の26.1%に次ぐ低水準となっている。

米の販売事業者の販売数量は、4月末現在で前年同月比103.8%となっている。うち小売事業者向けは同107.6%、中食・外食事業者向けは98.9%となっている。

販売価格は小売事業者向けが同112.3%、中食・外食事業者向けが同112.6%といずれも前年同月にくらべ1割以上の値上がりとなっている。

需給が引き締まり米の相対取引価格は、4月で60kg1万5526円と前月より+98円となり、出回りからの年産平均価格は同1万5293円で前年比+1449円となっている。

一方、卸業者間で売買するスポット取引価格は、(株)クリスタルライスの5月の取引会で23年産関東コシヒカリが60kg2万4000円台で取引されており、前年より同1万1000円以上高騰している。
関東銘柄米(あさひの夢、とちぎの星、彩のきずな、ふさおとめなど)で同2万3000円台。前年同期の取引価格は1万2000円台だった。

生産者の収益環境厳しく

ただ、5月31日に農水省が公表した4月の農業物価指数によると、米の価格は対前年同月比で10.1%上昇したものの、2020年を100とした指数は92.8にとどまっている。

一方、生産資材の指数をみると肥料は134.3、光熱動力費は129.1、農機具は107.4と依然として高い水準が続いている。農産物価格と農業生産資材価格の相対的な関係の変化を示す農業交易条件指数を4月分で計算すると93.5となり、生産者の収益は厳しい状況にあることがうかがえる。

【PR】

RISOCARE リゾケア シンジェンタジャパン株式会社
RISOCARE リゾケア シンジェンタジャパン株式会社

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る