人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

魚沼産コシヒカリでつくる純米大吟醸酒「郷(GO)GRANDCLASS」発売 津南醸造2024年6月18日

一覧へ

津南醸造株式会社(新潟県中魚沼郡津南町)は6月18日、魚沼産コシヒカリを原料に醸した純米大吟醸酒「郷(GO)GRANDCLASS 魚沼コシヒカリEdition」を発売。日本国内で販売を開始した。

魚沼産コシヒカリでつくる純米大吟醸酒「郷(GO)GRANDCLASS」発売 津南醸造

「郷(GO)GRANDCLASS 魚沼コシヒカリEdition」は、ヨーロッパで行われた日本酒品評会「KURA MASTER2024」の純米大吟醸部門でで金賞を受賞した。

通常、日本酒は酒造好適米(酒米)から作られるが、酒米は酒作り以外に使うことが難しく、コロナ禍など日本酒製造に制限がかかるような環境下では製造予定が大きく狂い、生産者や酒蔵のどちらかに多大な在庫リスクがおよぶことがある。一方、いつでも作り続けられる食用米を使うことで、米生産者の負担を軽減し、地域の農業を支えることができる。

津南醸造はこの新たな取り組みを、美味しい日本酒を届け、生産者の暮らしを守るとともに日本酒を作り続けるための大切な一歩と考え、食用の米から日本酒を作ることに挑戦。食用米でも特にコシヒカリは美味しい日本酒を作ることが難しいと言われていたが、地域の農家と酒蔵が共に持続可能な酒造りのために試行錯誤を繰り返した。

食用米による特別な酒造りでは、麹で使う米から、仕込みで使う米まで、機械洗米を使わず全て手洗米で、全体の吸水の誤差がないように制御。また、1月の津南町は積雪量が3メートルにもなり気温が低い状態で一定となる。より空気の澄んだ環境となり極寒のこのタイミングで造るため、余計な雑菌の繁殖を抑え、酒造りによい微生物が働く。さらに、低温でもろみをゆっくりと時間をかけて発酵させ、きめ細やかで評価の高い酒に仕上げている。

桐箱入りのGO GRANDCLASS 魚沼コシヒカリエディション桐箱入りのGO GRANDCLASS 魚沼コシヒカリエディション

「郷(GO)GRANDCLASS 魚沼コシヒカリEdition」(720ml、8800円・税込)は、華やかな香りで芳醇で甘みも感じられるふくよかな口当たり。余韻は長くコシヒカリの米の旨味も感じられる。香りを存分に愉しむなら食前酒としておすすめ。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る