想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナ影響下 牛乳・乳製品の価値発信に力-牛乳の日・牛乳月間2020年5月22日

一覧へ

(一社)Jミルクは2020年度「牛乳の日・牛乳月間」の活動方針をこのほど決めた。新型コロナウイルス感染症の影響でイベントなどが開けないため牛乳・乳製品の優れた機能性などを既存媒体に加えソーシャルメディアも使って情報発信に力を入れる。

Jミルク国連食糧農業機関(FAO)が毎年6月1日を「世界牛乳の日」の日とすることを提唱したのが2001年、今年で20年となる。日本では07年にJミルク(当時は日本酪農乳業協会)が6月1日を「牛乳の日」、6月を「牛乳月間」と定めた。

例年はこの時期に酪農乳業への理解促進のためのイベントなどが全国で開かれてきたが、今年はこうした催しができなことからSNSを使った情報発信などに力を入れる。
とくに新型コロナ影響下での消費者の健康や栄養の関心に応える牛乳・乳製品の価値についての情報提供活動を推進する。また消費者への「ありがとう」のメッセージのSNS投稿を推進する。

JミルクでもSNS企画「ミルクでつながる『ありがとう』の輪 #ミルクのバトンリレー2020」を発信する。ミルクバリューチェーンを構成する生産者、乳業者、販売店、酪農乳業組織などの関係者が、お互いの仕事や取り組みへの理解を深めるとともに、消費者に向けて「ありがとう」を伝えるリレーメッセージを発信する。

【Jミルク公式:牛乳の日・牛乳月間のご案内】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る