Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界の豚飼料市場 2022~2030年にCAGR5%で成長予測2021年8月3日

一覧へ

市場調査とコンサルティングのサービスプロバイダー Research Nester Private Limitedは7月28日、調査レポート「豚飼料市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を発刊した。

同レポートによると世界の豚飼料市場は、2022~2030の予測期間中に5%の年平均成長率(CAGR)で成長すると推定。同市場の成長は、動物栄養製品の食品の品質を向上させるための食品添加物の需要の高まり、畜産部門の数の増加に起因する。さらに、豚の健康に関する消費者の意識の高まりは、養豚業者間で豚飼料製品の消費の増加につながっている。

豚の飼料は豚を流行性疾患から安全に保ち、環境中の流行性疾患の蔓延を防ぐ。さらに、農家は高品質の豚用飼料の使用を増やして、動物の流行の蔓延率を最小限に抑えることで、市場の成長が促進されると推定される。

豚の餌は消化しやすく、適切な栄養上の利点があり、ビタミンや食物繊維が豊富で、豚の健康を促進。さらに、屠殺された豚と生きた豚の国際貿易の増加も市場の成長を促進すると予想される。National Pork Producers Councilの統計によると、米国では年間6万人以上の豚肉生産者が115百万頭以上の豚肉を販売。また、統計によると米国の豚肉産業は国のGDPに390億米ドルを追加している。

アジア太平洋地域の市場は、地域のいくつかの国で豚肉の消費量の増加を背景に、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると推定。また、豚の数が多いことから豚肉の主要生産国である中国でも、豚の飼料需要が急増することが見込まれる。一方、北米地域では、高品質の豚用飼料の技術進歩の高まりと、牛用飼料製品のタンパク質含有量を増やすための厳しい政府規制により、最大のCAGRが見込まれている。

豚飼料市場における主な企業は、Cargill、 Incorporated、Nutreco、 N.V.、ADM Animal Nutrition、Novus International、Lallemand Inc.、DSM、Charoen Pokphand Foods PCL、Chr. Hansen Holding A/S、BASF SE、Alltech Inc.など。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る